PTOT国家試験対策ブログ

PTOT国試合格のサポートブログ

【目次】PTOT国試対策チャンネル・リンク一覧【Youtube】

f:id:kigyou-pt:20201121104729j:plain

 


PTOT 国試対策の解説動画のリンク一覧です⇩

リンクはYoutubeの動画へ飛びます!!

 

Youtube:3つの特徴

1⃣スピード攻略 :1テーマ3~5分で一気に学ぶ🖊

2⃣過去問ベース :国試レベルの解説 ・国試出題文の言葉を使用📝

3⃣用語解説 :「用語の意味が分からない」をなくす💡

 

《整形外科学はこちら⇩》

kigyou-pt.hatenablog.jp

 

 

 

 

その他

学習のポイント

学習全範囲紹介(PTOT共通分野)

解剖運動生理学って何?

解剖生理学の領域を紹介

筋肉勉強法

 

解剖学-骨関節系

全身の骨の名称

骨の基本構造

骨の形状分類

関節の形状分類

不動関節

関節の構造

 

■骨関節系-上肢

肩甲骨の部位名称

上腕骨、橈骨、尺骨の部位名称

肩関節と靭帯

手の骨

手の関節

手根管

 

■骨関節系-下肢

大腿骨の部位名称

下腿骨(膝蓋骨・脛骨・腓骨)の部位名称

足の骨

大坐骨孔と小坐骨孔

スカルパ三角 

足根管

股関節の靭帯

半月板

膝靭帯(走行)

膝靭帯(各動きによる制動)

足部の機能解剖(距腿関節・ベーラー角など)

足部アーチ

 

■ 骨関節系-頭部・脊柱・体幹

頭蓋骨の部位名称

骨盤の部位名称

骨盤の性差

脊柱

頸椎

胸郭(胸骨・肋骨・胸椎)

頸椎・胸椎・腰椎まとめ

椎間板

脊柱の靭帯

解剖学-筋系

筋の種類(骨格筋・心筋・平滑筋)

骨格筋の構造

筋線維のタイプ(遅筋・速筋)

 

■筋系-上肢

回旋筋腱板(ローテーターカフ)

内側上顆につく筋

外側上顆につく筋

肘屈筋

肘伸筋(上腕三頭筋・肘筋・手背屈筋群)

手の主動作筋

手内在筋の起始停止

手内在筋の支配神経

 

■筋系-下肢

腸腰筋

殿筋群

股関節内転筋

ハムストリングス

膝伸展筋(大腿四頭筋・screw home mobement)

アキレス腱(ヒラメ筋・腓腹筋・足底筋)

鵞足

下腿の筋と作用

 

■筋系-体幹 

腹筋群

 

解剖学-支配神経

腕神経叢

正中神経

尺骨神経

橈骨神経

筋皮神経

腋窩神経

支配神経(正中・尺骨・筋皮・腋窩)

支配神経(上肢の筋:腕神経叢)

 

腰神経叢

仙骨神経叢

下肢筋の神経支配まとめ

 

運動学

基本肢位、基本面

運動を表す用語

筋の収縮様式

 

■歩行

歩行①:基礎用語

歩行②:関節運動

歩行③:筋活動

歩行④:床反力

歩行⑤:重心移動

 

■運動学習

運動学習①:運動課題・パフォーマンス・運動技能

運動学習②:練習の種類・結果の知識・学習の転移など

 

神経系

神経細胞(ニューロン)

中枢神経と末梢神経

シナプス伝達

脳の分類

大脳皮質

大脳辺縁系

大脳基底核

大脳髄質

間脳

中脳

延髄

小脳

脊髄

脳室と脳脊髄液

脳神経

伝導路

白質と灰白質 

伝導路①(錐体路)

伝導路②(脊髄視床路)

伝導路③(後索-内側毛帯路)

伝導路④(脊髄小脳路)

伝導の性質

 

 

感覚器系

感覚の分類

眼の筋

視覚器(眼球)の構造

視細胞、視覚伝導路

顔面筋

耳(内耳)

特殊感覚伝導路 

  

消化器系

消化管の流れ

口腔(口蓋・唾液腺・歯)

唾液

嚥下

咽頭

食道

胃の構造

胃の機能

小腸の構造

小腸の機能

大腸の構造(盲腸・結腸・直腸)

大腸の機能(排便)

消化酵素

肝臓の構造

肝臓の機能

膵臓

胆汁

 

呼吸器系

呼吸器概要

喉頭(舌骨・喉頭軟骨・声帯)

下気道(気管・気管支)

肺(肺胞・血管)

肺(胸膜・縦隔)

呼吸筋

横隔膜

胸郭の動き

肺気量分画(スパイログラム)

酸塩基平衡①

酸塩基平衡②

呼吸の調節

酸素解離曲線

 

循環器系-血液

血液の性質・構成

血漿(血漿蛋白質・膠質浸透圧)

赤血球

白血球

血小板と止血過程

 

循環器系-心臓

心臓の構造

刺激伝導系

血液循環(肺循環・体循環)

冠状動脈

 

循環器系-心電図

心電図①:正常心電図・心拍数の数え方

心電図②:心房性期外収縮・心室性期外収縮

心電図③:房室ブロック

心電図④:心房細動・心房粗動・心室頻拍・心室細動

心電図⑤:心筋梗塞

心電図⑥:まとめ

 

脈管系

大動脈の分岐

上肢の動脈

脳への動脈(ウイリス動脈輪)

下行大動脈

下肢の動脈

静脈の概要

上大静脈(脳・頭部・上肢の静脈)

下大静脈(門脈・奇静脈)

リンパ系

リンパの流れ

 

泌尿器系

腎臓の構造

腎臓の血管

腎臓の機能

腎臓のホルモン(レニン・エリスロポエチン・活性型ビタミンD)

尿管・膀胱・尿道の構造

排尿機構

 

内分泌系

ホルモン概要、内分泌腺の位置 

ホルモン(視床下部・松果体・下垂体) 

ホルモン(膵臓・血糖値調整)

ホルモン(甲状腺・副甲状腺)

ホルモン(腎臓・副腎皮質) 

ホルモン(副腎髄質)

性ホルモン

ホルモン要点まとめ

 

 

発生

胚葉

細胞内小器官

 

 

 

【運動麻痺】上位運動ニューロン障害・下位運動ニューロン障害【神経内科学】

「上位運動ニューロン障害・下位運動ニューロン障害」についてまとめます。

 

 

 骨格筋を支配する体性運動神経は、上位運動ニューロンと下位運動ニューロンからなる。

 

上位運動ニューロン障害(錐体路障害・中枢性麻痺)

・運動の指令を伝える線維が障害

・過度の収縮を抑制する線維も障害

 

 《障害部位》

錐体路:運動野ー内包ー大脳脚ー錐体ー脊髄前角

  ※運動野ー脳神経の運動神経核

 

錐体路:外側皮質脊髄路+前皮質脊髄路(+皮質核路)

 

《症状》

筋力低下:+

筋委縮:軽度

深部腱反射:亢進

筋トーヌス:痙直(痙縮) 

※折りたたみナイフ現象:急激な受動運動に対して初めは抵抗が大きいが、途中から抵抗が減じる現象

※クローヌス:筋肉や腱を不意に伸張したときに規則的かつ律動的に筋収縮を反復する運動(間代)。

 

その他:病的反射(バビンスキー反射・チャドック反射・ゴンダ反射・ゴードン反射・オッペンハイム反射・シェファー反射・ストランスキー反射)

 

・共同運動

・連合反応

・腹壁反射消失

・巧緻性の障害

 

×振戦

×二点識別覚障害:頭頂葉の障害

×すくみ足:パーキンソン病

 

《代表疾患》

脳卒中

多発性硬化症

 

 

下位運動ニューロン障害(末梢性麻痺)

 

《障害部位》

 脊髄前角細胞以下の障害

 

《症状》

筋力低下:+

筋委縮:著明

深部腱反射:減弱~消失

筋トーヌス:弛緩

その他:筋線維束攣縮

 

《代表疾患》

・ニューロパチー

・ギランバレー症候群

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

【高次脳機能障害】失語の種類【神経内科学】

「失語の種類」についてまとめます。

 

 

  

全失語

復唱:不可

発語:非流暢

言語理解:困難

 

・発話が全くみられないか、「あーあー、うーうー」などの発声レベル。

 

 

ブローカ失語

復唱:不可

発語:非流暢

言語理解:良好

 

 

・意思伝達には易しい漢字を用いる

・自発話困難

※運動性失語があっても評価できる検査はどれか

×改訂版長谷川式簡易知能診査スケール

 

《原因》

・病巣:前頭葉下部

・内頚動脈(前大脳動脈、中大脳動脈)の血流障害

 

 

ウェルニッケ失語

復唱:不可

発語:流暢

言語理解:困難

 

ジャーゴン:間違った言葉や音を発する

 

《原因》

・病巣:側頭葉上部

 

伝導失語

復唱:不可

発語:流暢

言語理解:良好

 

・音韻性錯誤(音節性錯誤):音の誤り(例:メガネ→ネガメなどと復唱)

 

超皮質性全失語

復唱:可能

発語:非流暢

言語理解:困難

 

 

超皮質性運動失語

復唱:可能

発語:非流暢

言語理解:良好

 

 

 

超皮質性感覚失語

復唱:可能

発語:流暢

言語理解:困難

 

 

健忘失語

復唱:可能

発語:流暢

言語理解:良好

  

呼称や語想起だけが障害される。

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【高次脳機能障害】失語【神経内科学】

「失語」についてまとめます。

 

 

 

 

失語とは

 

主に脳の言語機能の中枢(言語野)が損傷されることにより、障害された状態

 

話す・聞く(理解する)・読む・書くという言語を扱う機能が障害される症状

 

《原因》

・病巣:優位半球(左)

アルツハイマー認知症

×Lewy小体型認知症

 

《テスト》

・SLTA(標準失語症検査)

 

 

 

 

喚語困難

・言葉が想い出せない症状

 

迂言(迂回表現)

 

錯誤

・言い間違い

 

音韻性錯誤:音が間違う 例)メガネ→メネガ

意味性錯誤:別の言葉と間違う 例)メガネ→ぼうし

 

ジャーゴン

意味不明の発話。流暢性の失語症にみられる

 

 

構音障害との違い

 

構音障害は、発声器官の運動麻痺や運動失調により、発声することが出来ない状態

※聞く・読む・書くは問題ない

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【高次脳機能障害】失認【神経内科学】

「失認」についてまとめます。

 

 

  

失認

ある感覚を介して、よく知っているはずの対象物の認知が障害される状態。 

 

※半盲との違い

 

視覚失認

・相貌失認

熟知した顔を見ても誰か分からなくなる症状

※氏名や職業、声を聞けば分かる。 

例:知っている人なのに声を聞かないとわからない。

病巣:紡錘状回

 

 

・同時失認:全体把握の能力障害、部分部分のお互いの関係を把握不能

・色彩失認:色名呼称障害、色彩感覚検査は正常

 

空間失認

半側空間無視:外界の左側の認知が障害され、図の左側の無視

例)麻痺が重度でもそれを意識せずに立ち上がろうとする

例)移動時、左側の物によくぶつかる

 

 

身体失認

両側身体失認:手指失認、身体部位失認。各部位の指示、識別、呼称が困難

・半側身体失認:身体の半側の認知不能。(左が多い)

 

・病態失認

損傷部位:右半球・頭頂葉-後頭葉

 

触覚失認

聴覚失認

 

手指失認:例)右手の薬指はどれですか?

 

※ゲルストマン症候群手指失認・左右障害・(純粋)失書・失算

障害部位:左半球角回および緑上回

 

コルサコフ症候群記銘力低下・失見当識・健忘・作話

原因:ビタミンB1の欠乏によって生じるウェルニッケ野の機能障害。

アルコール依存症による栄養失調・外傷・脳卒中

 

《左半球》

・左右失認

・手指失認

※言語が関与しているので、左

 

《右半球》

・その他の失認

相貌失認

 

 

失語

 

《左半球》

・運動性

・感覚性

 

《右半球》

・注意障害:運動維持困難 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【高次脳機能障害】失行【神経内科学】

高次脳機能障害についてまとめます。

 

 

 

高次脳機能障害とは

 脳血管障害や頭部外傷により、脳の一部が損傷することによって、思考・記憶・学習・注意・言語など「脳の知的活動」に障害が生じること。

 

《中核症状》

・失行 ・失認 ・失語症

 

《その他》

・注意障害

・記憶障害

遂行機能障害

・感情、行動の障害 など

 

※強制把握(前頭葉

※他人の手徴候(頭頂葉

失行

運動障害がなく、行うべき動作や行為が充分に分かっているにも関わらず、指示された運動ができない状態。

 

・観念失行

複合的な運動の障害。日常使用する物品が正しく使用できない。

例:タバコに火をつける。お茶を入れるなど手順が不可

例:消しゴムを字を消すものと認めつつ、口へ持っていく

例:杖を持つときに上下を逆さまにして使おうとする

例:くしを歯ブラシのように使おうとしたり、スプーンの柄に食物を乗せようとする

損傷部位:左半球・頭頂葉

 

・観念運動失行

単純な動作を指示すると運動ができない

例:ジャンケン・キツネのまね(指示がなければ可)

例:指示による敬礼のまねができない

例:麻痺がないのに指で模倣ができない

例:「おいでおいで」の動作をしてもらう

例:歯ブラシを持ったつもりで歯を磨くまねをしてもらう

例※:金槌で釘を打ってもらう (単品の道具・1つの工程)

損傷部位:左半球・頭頂葉-後頭葉

 

・着衣失行

衣類と身体の関係がつけられず、衣服が着れない

例)上着の左右を間違えて袖を通す

例)シャツの袖をうまく通せない

障害部位:右半球、頭頂葉後部

 

 

・拮抗失行

右手の行動に対して、左手が不随意に目的と反対の行動や無関係の動作をとる

例:右手がドアを開けようとすると左手がドアを閉めてします

例:右手がボタンを留めようとすると左手が外そうとする

障害部位:脳梁

 

 

 

・構成失行

図の模写、積み木の組合せ(模倣)の障害

 

 

・肢節運動失行

主に手の運動が拙劣になる。運動野の障害

例:手指屈曲・目を閉じる・舌の出入

 

・歩行失行

障害部位:前頭葉内側面

 

 

・運動維持困難

例:閉眼と挺舌の動作を同時にできない ※挺舌:舌を前に突き出すこと

例:指示による閉眼維持が困難である

損傷部位:右前頭葉

 

《右半球》 

・着衣失行

 

《左半球》

・観念失行

・観念運動失行

 

《どちらでも》

・肢節運動失行

・構成失行

 

 

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

頭部外傷【神経内科学】

「頭部外傷」についてまとめます。

 

 

 

 

頭部外傷とは

頭部に外力が加わって障害した状態の総称。

 

《症状》

・頭痛

・嘔吐

意識障害

 

 

 

後遺症:神経心理学的障害社会適応障害が問題となる

認知障害

・情緒不安定

抑うつ

適応障害

高次脳機能障害

てんかん

 

急性硬膜下血腫

硬膜下(硬膜と脳の間)に血腫ができる状態

 

《原因》

・頭を強く打つこと(交通事故・転落)※高齢者では軽い打撲

 

《症状》

・強い頭痛

意識障害

片麻痺

・頭蓋内圧亢進症状

 

《所見》

・頭部CT:三日月型

 

急性硬膜外血腫

 

 

※広い意味では脳出血の一種

 

《原因》

・交通事故、転落

頭蓋骨骨折により、硬膜に栄養供給する動脈や静脈洞が破れてなることが多い

 

《症状》

・急性硬膜下血腫と同様

 

《所見》

・頭部CT:凸レンズ型

 

脳挫傷

頭部への衝撃により、脳に損傷が生じる状態

※挫傷とは:(皮膚の表面に傷がなく)深部に損傷があるもの

 

《好発部位》

・受傷部位の対側の前頭葉底面

・受傷部位の対側の側頭葉前部(側頭極)

 

《症状》

・頭痛、嘔吐

片麻痺

意識障害

・脳ヘルニア

 

《所見》

・頭部CT:点状出血

 

脳震盪

頭部への衝撃により脳が大きく揺さぶられ、一時的に起こる脳の機能障害

 

《症状》

意識障害 ※数分から数時間で良くなることが多い

・頭痛、嘔吐 ※10日以内に良くなることが多い

・記憶力低下

・気分変動

 

 

びまん性軸索損傷

頭部に回転力が生じ、脳が捻れるように動いて、軸索が引っ張られ、損傷する。

※脳深部は脳表面よりも遅れて回転する

 

《症状》

意識障害 ※6時間以上

高次脳機能障害

片麻痺

 

※時間と共に回復するが、後遺症が残ることが多い

 

《好発部位》

・大脳皮質

脳梁

・脳幹部

 

《所見》

・頭部CT:意識障害を呈しているのに異常は見当たらない

 

 

慢性硬膜下血腫

 

軽い頭部外傷による、くも膜と硬膜の間の微量出血。

 

《原因》

・アルコール多飲者

・高齢者

 

※アルコール多飲者は脳が萎縮し、脳のスペースが大きく血液が溜まりやすい

 

《症状》

・軽い頭痛

認知障害

片麻痺

 

《所見》

・頭部CT:急性硬膜下血腫と同様

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【脳血管障害】脳血管障害の種類【神経内科学】

「脳血管障害の種類」についてまとめます。

 

 

 

f:id:kigyou-pt:20210707061445j:plain

 

脳出血

 

《原因》

・高血圧(活動時)

動脈硬化

・動脈壁の線維素性壊死

動脈硬化の危険因子:高血圧・喫煙・高脂血症・糖尿病など

※若年者は動静脈奇形

 

《好発年齢》

 ・中年~高齢者

 

《発症》

 ・急激

 

《好発部位》

被殻(40%) ※大脳基底核

視床(30%)

 

・日本では減少している

 

血栓

 

《原因》

・アテローム動脈硬化

・就寝時(血圧低下時)

・血小板増加

 

 

 

《好発年齢》

・高齢者 

 

 

脳塞栓

 

《原因》

不整脈(特に心房細動) ×心室性期外収縮

・弁膜症

×狭心症

 

 

《症状》

・急激に発症

 

 

・日本では増加している

 

一過性脳虚血発作(TIA

 

・脳循環障害によって一過性に運動麻痺などの症状が現れるが、24時間以内に消失してしまう発作

 

 

 

クモ膜下出血

 

《原因》

動脈瘤(80%)

・脳動静脈奇形(10%)

 

 

※動脈の分岐部に生じやすい・好発部位は脳底部のウイリス動脈輪

 

《好発年齢》

・青年~高齢者

女性に多い

 

・再発しやすい

脳血管攣縮を起こしやすい

 

 

ラクナ梗塞

被殻、内包、放線冠など脳の深部に生じる小さな穿通枝動脈の梗塞

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be