PTOT国家試験対策ブログ

PTOT国試合格のサポートブログ

【目次】PTOT国試対策チャンネル・リンク一覧【Youtube】

f:id:kigyou-pt:20201121104729j:plain

 


PTOT 国試対策の解説動画のリンク一覧です⇩

リンクはYoutubeの動画へ飛びます!!

 

Youtube:3つの特徴

1⃣スピード攻略 :1テーマ3~5分で一気に学ぶ🖊

2⃣過去問ベース :国試レベルの解説 ・国試出題文の言葉を使用📝

3⃣用語解説 :「用語の意味が分からない」をなくす💡

 

 

 

その他

学習のポイント

学習全範囲紹介(PTOT共通分野)

解剖運動生理学って何?

解剖生理学の領域を紹介

筋肉勉強法

 

解剖学-骨関節系

全身の骨の名称

骨の基本構造

骨の形状分類

関節の形状分類

不動関節

関節の構造

 

■骨関節系-上肢

肩甲骨の部位名称

上腕骨、橈骨、尺骨の部位名称

肩関節と靭帯

手の骨

手の関節

手根管

 

■骨関節系-下肢

大腿骨の部位名称

下腿骨(膝蓋骨・脛骨・腓骨)の部位名称

足の骨

大坐骨孔と小坐骨孔

スカルパ三角 

足根管

 

■ 骨関節系-頭部・脊柱・体幹

頭蓋骨の部位名称

骨盤の部位名称

脊柱

頸椎

胸郭(胸骨・肋骨・胸椎)

頸椎・胸椎・腰椎まとめ

椎間板

脊柱の靭帯

解剖学-筋系

筋の種類(骨格筋・心筋・平滑筋)

骨格筋の構造

筋線維のタイプ(遅筋・速筋)

 

■筋系-上肢

回旋筋腱板(ローテーターカフ)

内側上顆につく筋

外側上顆につく筋

肘屈筋

肘伸筋(上腕三頭筋・肘筋・手背屈筋群)

手の主動作筋

手内在筋の起始停止

手内在筋の支配神経

 

■筋系-下肢

腸腰筋

殿筋群

股関節内転筋

ハムストリングス

膝伸展筋(大腿四頭筋・screw home mobement)

アキレス腱(ヒラメ筋・腓腹筋・足底筋)

鵞足

 

■筋系-体幹 

腹筋群

 

解剖学-支配神経

腕神経叢

正中神経

尺骨神経

橈骨神経

筋皮神経

腋窩神経

支配神経(正中・尺骨・筋皮・腋窩)

支配神経(上肢の筋:腕神経叢)

 

腰神経叢

仙骨神経叢

下肢筋の神経支配まとめ

 

運動学

基本肢位、基本面

運動を表す用語

筋の収縮様式

 

神経系

神経細胞(ニューロン)

中枢神経と末梢神経

シナプス伝達

脳の分類

大脳皮質

大脳辺縁系

大脳基底核

大脳髄質

間脳

中脳

延髄

小脳

脊髄

脳室と脳脊髄液

脳神経

伝導路

 

 

感覚器系

感覚の分類

眼の筋

視覚器(眼球)の構造

視細胞、視覚伝導路

顔面筋

耳(内耳)

特殊感覚伝導路 

  

消化器系

消化管の流れ

口腔(口蓋・唾液腺・歯)

唾液

嚥下

咽頭

食道

胃の構造

胃の機能

小腸の構造

小腸の機能

大腸の構造(盲腸・結腸・直腸)

大腸の機能(排便)

消化酵素

肝臓の構造

肝臓の機能

膵臓

胆汁

 

呼吸器系

呼吸器概要

喉頭(舌骨・喉頭軟骨・声帯)

下気道(気管・気管支)

肺(肺胞・血管)

肺(胸膜・縦隔)

呼吸筋

横隔膜

胸郭の動き

肺気量分画(スパイログラム)

酸塩基平衡①

酸塩基平衡②

呼吸の調節

酸素解離曲線

 

循環器系-血液

血液の性質・構成

血漿(血漿蛋白質・膠質浸透圧)

赤血球

白血球

血小板と止血過程

 

循環器系-心臓

心臓の構造

刺激伝導系

血液循環(肺循環・体循環)

冠状動脈

 

脈管系

大動脈の分岐

上肢の動脈

脳への動脈(ウイリス動脈輪)

下行大動脈

下肢の動脈

静脈の概要

上大静脈(脳・頭部・上肢の静脈)

下大静脈(門脈・奇静脈)

リンパ系

リンパの流れ

 

泌尿器系

腎臓の構造

腎臓の血管

腎臓の機能

腎臓のホルモン(レニン・エリスロポエチン・活性型ビタミンD)

尿管・膀胱・尿道の構造

排尿機構

 

内分泌系

ホルモン概要、内分泌腺の位置 

ホルモン(視床下部・松果体・下垂体) 

ホルモン(甲状腺・副甲状腺) 

 

 

【基礎から学ぶ】腎臓・副腎皮質・副腎髄質のホルモン【解剖生理学】

f:id:kigyou-pt:20201130182106j:plain

「腎臓・副腎皮質・副腎髄質のホルモン」についてまとめます。

 

 

腎臓のホルモン

・レニン:血圧上昇

エリスロポエチン:赤血球産生促進

・活性型ビタミンD:血中Ca上昇

 

 

 副腎皮質のホルモン

コルチゾール(糖質コルチコイド)

・アルドステロン(電解質コルチコイド)

・男性ホルモン

ステロイドホルモンとも呼ばれる 

 

コルチゾール(糖質コルチコイド)

作用:

糖新生を促進して血糖値を上げる

糖新生:ピルビン酸・乳酸・アミノ酸などグリコーゲン以外からグルコースを合成

抗炎症作用(免疫機能は抑制)

 

アルドステロン(電解質コルチコイド)

作用:腎臓の集合管のNa+再吸収を促進する

   ↓併せて水の再吸収も促進される

   血圧上昇

 

分泌異常

亢進:クッシング症候群

低下:アジソン病

 

 副腎髄質のホルモン

・アドレナリン

ノルアドレナリン

※まとめて「カテコールアミン」と呼ぶ

交感神経の興奮により放出される

 

 

アドレナリン(エピネフリン) 

 作用:

・グリコーゲンの分解を促進し、血糖値を上げる

・心機能促進

・血管平滑筋収縮

・消化管平滑筋弛緩

 

ノルアドレナリン

作用:末梢血管収縮→血圧上昇

 

神経伝達物質としても放出される

 

 

 

分泌異常

亢進:クロム親和性細胞腫(褐色細胞腫)

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】内分泌と内分泌異常・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

 

【基礎から学ぶ】膵臓のホルモン【解剖生理学】

f:id:kigyou-pt:20201130055822j:plain


膵臓のホルモン」
についてまとめます。

 

 

膵臓の外分泌腺:膵液(アミラーゼ・リパーゼ・トリプシン) 

 

内分泌腺部は点在するので、「膵島(ランゲルハンス島)」と呼ばれる。

・膵島は尾部に多い

・3種類の細胞よりなる

 

A細胞(α細胞):グルカゴン

作用:血糖値を上げる

※その他 血糖値を上げるホルモン

成長ホルモン・甲状腺ホルモン・糖質コルチコイド・アドレナリン

B細胞(β細胞):インスリン

作用:血糖値を下げる

※血糖値を下げるホルモンはインスリンのみ

 

低下:糖尿病 

 

D細胞(δ細胞):ソマトスタチン

作用:インスリン・グルカゴン・ガストリン・セクレチンの分泌を抑制する

 ※ソマトスタチンは視床下部・消化管の内分泌細胞からも分泌される

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】内分泌と内分泌異常・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】甲状腺・副甲状腺ホルモン【解剖生理学】

f:id:kigyou-pt:20201127170142j:plain

甲状腺副甲状腺ホルモン」についてまとめます。

 

 

甲状腺ホルモン

・サイロキシン

・カルシトニン

 

 

サイロキシン

作用:熱産生(基礎代謝亢進→血圧上昇)・血糖値上昇・血中コレステロール低下

亢進:バセドウ病

低下:クレチン病粘液水腫

 

バセドウ病

メルセブルグ三徴:眼球突出・甲状腺腫・頻脈

 

※クレチン病

先天性の甲状腺機能低下 

 

カルシトニン

作用:破骨細胞の活性を低下させ、骨吸収を抑制・腎臓における再吸収の抑制(血中Caの低下

 

 

副甲状腺上皮小体)ホルモン

 ・パラソルモン

 

 

パラソルモン(PTH)

作用:破骨細胞の活性化(血中Caの上昇

亢進:骨軟化症・脱灰・腎性くる病

低下:テタニー

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】内分泌と内分泌異常・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】ホルモン(視床下部-下垂体-松果体)【解剖生理学】

f:id:kigyou-pt:20201127181435j:plain

視床下部-下垂体系」についてまとめます。

 

 

 視床下部のホルモン

・成長ホルモン放出ホルモン

・プロラクチン放出ホルモン

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン

・副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

・黄体形成ホルモン放出ホルモン

・成長ホルモン抑制ホルモン

・プロラクチン抑制ホルモン

 

 

下垂体前葉のホルモン

・成長ホルモン

・プロラクチン

甲状腺刺激ホルモン

・副腎皮質刺激ホルモン

・卵胞刺激ホルモン

・黄体形成ホルモン

 

※卵胞刺激ホルモン・黄体形成ホルモンはまとめて性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)とも呼ばれる

 

成長ホルモン(GH)

作用:骨端軟骨の形成促進

   筋・心臓・肝臓などの増殖・肥大

   血糖値上昇:肝臓のグリコーゲン分解・血中へのグルコース放出増加

亢進:巨人症・末端肥大症

低下:小人症

 

 

プロラクチン

作用:妊娠中に次第に分泌量が増加(エストロゲンにより乳汁産生は抑制されている)

分娩後、エストロゲンの減少により乳汁産生

 

 

下垂体中葉のホルモン

メラニン色素細胞刺激ホルモン

 

 

 

下垂体後葉のホルモン

バソプレシン

オキシトシン

 

バソプレシン:抗利尿ホルモン(ADH)

作用:腎臓の集合管の水の再吸収を促進(尿量減少) →血圧上昇

不足:尿崩症

 

※尿崩症:多尿(10ℓ/日以上)・口渇感

 

 

オキシトシン

作用:①子宮筋収縮

   ②射乳

 

 

松果体のホルモン

メラトニン

7歳で最大、その後委縮

作用:概日リズムの調整

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】内分泌と内分泌異常・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

 

【基礎から学ぶ】内分泌腺・ホルモン【解剖生理学】

「内分泌腺・ホルモン」についてまとめます。

 

 

 内分泌腺とは:分泌物を血液に分泌する腺

※外分泌腺:血管以外の部位に排出する腺(汗腺・唾液腺・消化腺)

 

 

 

f:id:kigyou-pt:20201125091242j:plain

 

松果体

位置:視床下部(間脳)の後方

メラトニン:概日リズムの調整・7歳で最大、その後抑制

 

 

視床下部

・成長ホルモン放出ホルモン

・プロラクチン放出ホルモン

甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン

・副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン

・黄体形成ホルモン放出ホルモン

・成長ホルモン抑制ホルモン

・プロラクチン抑制ホルモン

 

 

下垂体前葉

下垂体の位置:トルコ鞍上面

・成長ホルモン

・プロラクチン

甲状腺刺激ホルモン

・副腎皮質刺激ホルモン

・卵胞刺激ホルモン

・黄体形成ホルモン

 

 

下垂体中葉

メラニン細胞刺激ホルモン

 

 

下垂体後葉

バソプレシン

オキシトシン

 

 

甲状腺

位置:甲状軟骨の下方

・サイロキシン

・カルシトニン

 

 

副甲状腺上皮小体

位置:甲状腺の後面

・パラソルモン

 

 

胸腺

位置:胸骨の背面、心臓の前方

・サイモシン

 

 

 

 

 

 

f:id:kigyou-pt:20201125091301j:plain

 

 

膵臓

・グルカゴン

インスリン

・ソマトスタチン

 

脾臓

・スプレニン

 

腎臓

・レニン

エリスロポエチン

 

副腎皮質

・糖質コルチコイド

電解質コルチコイド

 

副腎髄質

・アドレナリン

ノルアドレナリン

 

精巣

・テストステロン

 

卵巣

エストロゲン

プロゲステロン

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】内分泌腺の位置・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

 

【基礎から学ぶ】排尿機構【解剖生理学】

f:id:kigyou-pt:20201121170004j:plain

「排尿機構」についてまとめます。

 

 

尿意:300ml

排尿反射の中枢:仙髄(S2-4)

排尿中枢:橋

 

排尿筋(膀胱壁)

収縮で排尿

・副交感神経(骨盤神経:S2-4):収縮

・交感神経(下腹神経:L2-4):弛緩

 

尿道括約筋(膀胱括約筋)

収縮で不随意的に排尿を止める

・副交感神経(骨盤神経:S2-4):弛緩

・交感神経(下腹神経:L2-4):収縮

 

尿道括約筋(尿道括約筋)

随意的に収縮し排尿を止める

・脊髄神経(陰部神経:S2-4):収縮

 

 

排尿のメカニズム

①膀胱に一定量(300ml程度)の尿量が貯留:膀胱壁伸展

②仙髄(S2-4)

③大脳で尿意を感じる→排尿の指令

④仙髄(S2-4)

⑤骨盤神経により排尿筋(膀胱)収縮

 陰部神経の抑制により外尿道括約筋弛緩

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】排尿機構・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】尿管・膀胱・尿道の構造【解剖生理学】

「尿管・膀胱・尿道の構造」についてまとめます。

 

 

 

尿管

位置:腎盂から膀胱底後壁

長さ:25cm

構造:移行上皮

 ※弁はない

 

狭窄部位:腎盂尿管移行部・総腸骨動脈交叉部・尿管膀胱移行部

 

膀胱

f:id:kigyou-pt:20201120074656j:plain

位置:小骨盤内

   前方:恥骨結合

   後方:(男性)直腸 (女性)子宮 

容量:500ml

尿意:300ml

構造:移行上皮

 

 

f:id:kigyou-pt:20201120074025j:plain

 

膀胱三角:膀胱底に尿管口(2口)・内尿道

 

正中臍索(尿膜管):膀胱と臍を接続するひも。

f:id:kigyou-pt:20201120074120j:plain

 

 

尿道

長さ:(男性)20cm (女性)5cm

※女性の尿道は短いため、膀胱炎など尿路感染症を起こしやすい

 

起始部:移行上皮

遠位部:重層扁平上皮 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

【解剖生理学】「尿管・膀胱・尿道」・確認問題(理学療法士・作業療法士)|理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be