PTOT国家試験対策ブログ

PTOT国試合格のサポートブログ

【目次】PTOT国試対策チャンネル・リンク一覧【Youtube】

f:id:kigyou-pt:20201121104729j:plain

 


PTOT 国試対策の解説動画のリンク一覧です⇩

リンクはYoutubeの動画へ飛びます!!

 

Youtube:3つの特徴

1⃣スピード攻略 :1テーマ3~5分で一気に学ぶ🖊

2⃣過去問ベース :国試レベルの解説 ・国試出題文の言葉を使用📝

3⃣用語解説 :「用語の意味が分からない」をなくす💡

 

 

 

その他

学習のポイント

学習全範囲紹介(PTOT共通分野)

解剖運動生理学って何?

解剖生理学の領域を紹介

筋肉勉強法

 

解剖学-骨関節系

全身の骨の名称

骨の基本構造

骨の形状分類

関節の形状分類

不動関節

関節の構造

 

■骨関節系-上肢

肩甲骨の部位名称

上腕骨、橈骨、尺骨の部位名称

肩関節と靭帯

手の骨

手の関節

手根管

 

■骨関節系-下肢

大腿骨の部位名称

下腿骨(膝蓋骨・脛骨・腓骨)の部位名称

足の骨

大坐骨孔と小坐骨孔

スカルパ三角 

足根管

股関節の靭帯

半月板

膝靭帯(走行)

膝靭帯(各動きによる制動)

足部の機能解剖(距腿関節・ベーラー角など)

足部アーチ

 

■ 骨関節系-頭部・脊柱・体幹

頭蓋骨の部位名称

骨盤の部位名称

骨盤の性差

脊柱

頸椎

胸郭(胸骨・肋骨・胸椎)

頸椎・胸椎・腰椎まとめ

椎間板

脊柱の靭帯

解剖学-筋系

筋の種類(骨格筋・心筋・平滑筋)

骨格筋の構造

筋線維のタイプ(遅筋・速筋)

 

■筋系-上肢

回旋筋腱板(ローテーターカフ)

内側上顆につく筋

外側上顆につく筋

肘屈筋

肘伸筋(上腕三頭筋・肘筋・手背屈筋群)

手の主動作筋

手内在筋の起始停止

手内在筋の支配神経

 

■筋系-下肢

腸腰筋

殿筋群

股関節内転筋

ハムストリングス

膝伸展筋(大腿四頭筋・screw home mobement)

アキレス腱(ヒラメ筋・腓腹筋・足底筋)

鵞足

下腿の筋と作用

 

■筋系-体幹 

腹筋群

 

解剖学-支配神経

腕神経叢

正中神経

尺骨神経

橈骨神経

筋皮神経

腋窩神経

支配神経(正中・尺骨・筋皮・腋窩)

支配神経(上肢の筋:腕神経叢)

 

腰神経叢

仙骨神経叢

下肢筋の神経支配まとめ

 

運動学

基本肢位、基本面

運動を表す用語

筋の収縮様式

 

■歩行

歩行①:基礎用語

歩行②:関節運動

歩行③:筋活動

歩行④:床反力

歩行⑤:重心移動

 

■運動学習

運動学習①:運動課題・パフォーマンス・運動技能

運動学習②:練習の種類・結果の知識・学習の転移など

 

神経系

神経細胞(ニューロン)

中枢神経と末梢神経

シナプス伝達

脳の分類

大脳皮質

大脳辺縁系

大脳基底核

大脳髄質

間脳

中脳

延髄

小脳

脊髄

脳室と脳脊髄液

脳神経

伝導路

白質と灰白質 

伝導路①(錐体路)

伝導路②(脊髄視床路)

伝導路③(後索-内側毛帯路)

伝導路④(脊髄小脳路)

伝導の性質

 

 

感覚器系

感覚の分類

眼の筋

視覚器(眼球)の構造

視細胞、視覚伝導路

顔面筋

耳(内耳)

特殊感覚伝導路 

  

消化器系

消化管の流れ

口腔(口蓋・唾液腺・歯)

唾液

嚥下

咽頭

食道

胃の構造

胃の機能

小腸の構造

小腸の機能

大腸の構造(盲腸・結腸・直腸)

大腸の機能(排便)

消化酵素

肝臓の構造

肝臓の機能

膵臓

胆汁

 

呼吸器系

呼吸器概要

喉頭(舌骨・喉頭軟骨・声帯)

下気道(気管・気管支)

肺(肺胞・血管)

肺(胸膜・縦隔)

呼吸筋

横隔膜

胸郭の動き

肺気量分画(スパイログラム)

酸塩基平衡①

酸塩基平衡②

呼吸の調節

酸素解離曲線

 

循環器系-血液

血液の性質・構成

血漿(血漿蛋白質・膠質浸透圧)

赤血球

白血球

血小板と止血過程

 

循環器系-心臓

心臓の構造

刺激伝導系

血液循環(肺循環・体循環)

冠状動脈

 

循環器系-心電図

心電図①:正常心電図・心拍数の数え方

心電図②:心房性期外収縮・心室性期外収縮

心電図③:房室ブロック

心電図④:心房細動・心房粗動・心室頻拍・心室細動

心電図⑤:心筋梗塞

心電図⑥:まとめ

 

脈管系

大動脈の分岐

上肢の動脈

脳への動脈(ウイリス動脈輪)

下行大動脈

下肢の動脈

静脈の概要

上大静脈(脳・頭部・上肢の静脈)

下大静脈(門脈・奇静脈)

リンパ系

リンパの流れ

 

泌尿器系

腎臓の構造

腎臓の血管

腎臓の機能

腎臓のホルモン(レニン・エリスロポエチン・活性型ビタミンD)

尿管・膀胱・尿道の構造

排尿機構

 

内分泌系

ホルモン概要、内分泌腺の位置 

ホルモン(視床下部・松果体・下垂体) 

ホルモン(膵臓・血糖値調整)

ホルモン(甲状腺・副甲状腺)

ホルモン(腎臓・副腎皮質) 

ホルモン(副腎髄質)

性ホルモン

ホルモン要点まとめ

 

 

発生

胚葉

細胞内小器官

 

 

 

【基礎から学ぶ】骨折の種類【整形外科学】

「骨折の種類」についてまとめます。

 

 

骨折とは

直達外力や介達外力により、骨がが変形または破壊を起こす外傷

構造自体の連続性が絶たれた状態

 

原因による分類

・外傷骨折 ※外力によるものでも、病的な原因があれば病的骨折

疲労骨折:繰り返し外力が加わったことにより生じる骨折

     不全骨折(亀裂骨折)になりやすい

     好発部位:脛骨・腓骨・第2、3中足骨

     走者骨折(脛骨・腓骨に多い)

     行軍骨折(中足骨に多い)

・病的骨折(例:骨肉腫・骨腫瘍・骨髄炎・骨粗鬆症

 

程度による分類

・完全骨折:完全に連続性を失っている状態

・不完全骨折:いわゆる骨にヒビが入っている状態(亀裂骨折)

       圧迫骨折の一種・押しつぶされた部分が外側に膨らんだ状態(竹節骨折)

       骨がしなりながら曲がっている状態・小児になりやすい(若木骨折)

f:id:kigyou-pt:20210303075252j:plain

 

開放性による分類

・閉鎖骨折(皮下骨折、単純骨折):骨折部が体外に開放されていない状態

開放骨折(複雑骨折):骨折部が体外に開放されている状態・出血多量や感染症を起こす可能性がある。→治療が複雑となることから複雑骨折と呼ばれることもある。 

f:id:kigyou-pt:20210303083117j:plain

 

外力のかかり方による分類

・せん断骨折

・圧迫骨折

・捻転骨折

・屈曲骨折

・剥離骨折:骨に外力が直接働かず、筋・腱・靭帯などの牽引力によって骨が引き裂かれた状態

 

f:id:kigyou-pt:20210303084906j:plain



f:id:kigyou-pt:20210303084920j:plain




 

 

骨折線の走行による分類

骨軸の向きに対して下記に分類される

・横骨折

・斜骨折

・螺旋骨折

粉砕骨折:3つ以上の骨片

 f:id:kigyou-pt:20210302061236j:plain

 

転位方向による分類

・屈曲転位:20°までは自然矯正が働く

・側方転位

・長軸転位(短縮or離開)

・回旋転位:自然矯正が働かない

f:id:kigyou-pt:20210303085700j:plain

 

部位による分類(長管骨)

・骨幹部骨折:成長軟骨版の血流量が増加し、過成長が促進されることがある

・骨幹端部骨折

・骨端部骨折(近位端・遠位端)

 

・関節内骨折(骨軟骨骨折)

・脱臼骨折:脱臼に骨端部骨折を合併するもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】テコ【運動学】

「テコ」についてまとめます。

 

 

 

 

 

テコには以下3種類があります。

f:id:kigyou-pt:20210221070352j:plain

 

 

第1のテコ

f:id:kigyou-pt:20210220145004j:plain

安定性で有利

《例》

頸部前後屈・骨盤傾斜・肘伸展・足背屈

ハサミ・シーソー
 

 

 

第2のテコ

f:id:kigyou-pt:20210220145017j:plain

で有利

・人体に少ない

《例》

腕橈骨筋・つま先立ち

一輪車の手押し車・棒をてこにして重い物を動かす
 

 

 

題3のテコ

f:id:kigyou-pt:20210220145057j:plain

速さで有利

・人体で多い 

 《例》

上腕二頭筋(肘屈曲)・大腿四頭筋(膝伸展)・中殿筋(側臥位外転)

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】モーメント(トルク)【運動学】

「モーメント(トルク)」についてまとめます。

 

 

モーメント(トルク)とは

ある点を中心として運動を起こす能力の大きさ

➡物を回転させる力

 

「支点(回転中心)からの距離」と「力」の積で表す

N=r×F

※力=質量×加速度 

 

 

f:id:kigyou-pt:20210219085102j:plain


 

O:支点

A:作用点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

【基礎から学ぶ】運動量保存の法則・力学的エネルギー保存の法則【解剖生理学】

「運動量保存の法則・力学的エネルギー保存の法則についてまとめます。

 

 

運動量保存の法則

 

運動量:物体の運動の状態

 

力積(運動量):力×時間=質量×速度

 

 

力学的エネルギー保存の法則

位置エネルギー=mgh

・m:質量(kg)

・g:重力加速度(m/sec2)

・h:地面からの高さ(m)

 

運動エネルギー=1/2mv2

・m:質量(kg)

・v:速度(m/sec)

 

※力学的エネルギー保存の法則位置エネルギーと運動エネルギーの総和が常に等しい

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】力学的用語【運動学】

「力学的用語」についてまとめます。

 

 

 

力=質量×加速度

F=ma 1kgw=9.8N

・F:力(N)

・m:質量(kg)

・a:加速度(m/sec2)

 

モーメント

トルク

 

仕事=力×距離

仕事:物体に力が作用して運動が生じた場合の力と移動距離の積

W=FS

・W:仕事(J)

・F:力(N)

・S:距離(m)

 

 

仕事率=仕事/時間

仕事率:単位時間内の仕事

P=W/t

・P:仕事率(W)

・W:仕事(J)

・t:時間(sec)

 

 

力積(運動量):力×時間=質量×速度

 

 

力学的エネルギー

位置エネルギー=mgh

・m:質量(kg)

・g:重力加速度(m/sec2)

・h:地面からの高さ(m)

 

運動エネルギー=1/2mv2

・m:質量(kg)

・v:速度(m/sec)

 

※力学的エネルギー保存の法則位置エネルギーと運動エネルギーの総和が常に等しい

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】運動学習(練習の種類・結果の知識・学習の転移など)【運動学】

「運動学習(練習の種類・結果の知識・学習の転移など)」についてまとめます。

 

 

 

訓練・練習

集中練習:長く休みなく行う

分散練習:1回の練習を短く、試行回数を少なくして、練習回数を増やす

心理的練習:イメージトレーニン

 

全体法:課題の初めから終わりまでを通して行い、反復する

部分法:部分に分けて実施

 

 

練習の効果の条件

①自己の目標を意識していること

②パフォーマンスの結果(KR)を知ること

③向上への動機づけや欲求があること

 

  

臨界期:技能を獲得するための条件が整う時期

 

 

パフォーマンスと動機づけ

パフォーマンス=動機づけ×技能

パフォーマンスに対して、動機づけと技能は相乗効果を示す

 

内的動機づけ自己実現・自己関与

外的動機づけ:物的報酬・賞賛

 

 

覚醒レベルと学習曲線

f:id:kigyou-pt:20210211142836j:plain

・覚醒レベルとパフォーマンスの関係は「逆U字曲線

  

結果の知識(KR)

結果の知識とは、試行錯誤を繰り返すうえで、結果を知らせると成績の向上を認めること

 

・難しい課題:試行ごとに提示すると学習効率が上昇

・運動の誤差修正を行えるようになったら継続は不要

・誤りの大きさを提示すると有効

・動機付けは有効

 

 

学習の転移

転移とは前学習が後学習に影響すること

・正の転移:前学習が後学習を促進

・両側性転移:一側の運動学習が他側に転移

・負の転移:前学習が後学習を妨害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

 

【基礎から学ぶ】運動学習(運動課題・パフォーマンス・運動技能)【運動学】

「運動学習(運動課題・パフォーマンス・運動技能)」についてまとめます。

 

 

運動学習とは

運動学習とは、熟練パフォーマンスの能力に比較的永続的変化を導く練習や経験に関連した一連の過程である

(動作を一つの技能として習得していく過程)

 

学習の特徴

・結果として行動に変化を起こす

・練習または経験の結果として生じる

・比較的永続する変化

・直接観察することはできない

 

運動課題

・粗大運動:全身を用いる動作(歩行・水泳)

・微細運動:手先の細かい動作(書字や編み物)

・連続課題:(自動車の運転)

・不連続課題:(ゴルフのスイング)

 

 

パフォーマンス

運動課題を遂行するときに周囲から観察可能な行動

所要時間・距離・点数などで表す

運動学習の度合いを知ることができる

 

 

運動技能

《運動技能の要素》

①フォーム:運動課題時のエネルギー量の減少(効率上昇)

②正確さ

③速さ

④適応性:環境が変化してもパフォーマンスに影響なし

※①から順に行う

 

 運動技能が向上時のパフォーマンスの変化

・誤りの減少

・正確さの向上

・パフォーマンスの恒常性

・自由度の増加

・努力量の減少

 

 

 

 

運動技能学習の3相説

・初期相(認知相):目標と手段を理解すること(宣言的知識の獲得)

・中間相(連合相):個々の運動が系列運動へつながる

・最終相(自動相):自動化し、運動への注意減少・言語不要化

 

 

 

 

 

 

 

◆確認問題(note)⇩

理学療法士作業療法士:国家試験攻略note 西島紘平|note

 

 

 

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be