PTOT国家試験対策ブログ

PTOT国試合格のサポートブログ

【目次】PTOT国試対策チャンネル・リンク一覧【Youtube】

f:id:kigyou-pt:20201121104729j:plain

 


PTOT 国試対策の解説動画のリンク一覧です⇩

リンクはYoutubeの動画へ飛びます!!

 

Youtube:3つの特徴

1⃣スピード攻略 :1テーマ3~5分で一気に学ぶ🖊

2⃣過去問ベース :国試レベルの解説 ・国試出題文の言葉を使用📝

3⃣用語解説 :「用語の意味が分からない」をなくす💡

 

《整形外科学はこちら⇩》

kigyou-pt.hatenablog.jp

 

 

 

 

その他

学習のポイント

学習全範囲紹介(PTOT共通分野)

解剖運動生理学って何?

解剖生理学の領域を紹介

筋肉勉強法

 

解剖学-骨関節系

全身の骨の名称

骨の基本構造

骨の形状分類

関節の形状分類

不動関節

関節の構造

 

■骨関節系-上肢

肩甲骨の部位名称

上腕骨、橈骨、尺骨の部位名称

肩関節と靭帯

手の骨

手の関節

手根管

 

■骨関節系-下肢

大腿骨の部位名称

下腿骨(膝蓋骨・脛骨・腓骨)の部位名称

足の骨

大坐骨孔と小坐骨孔

スカルパ三角 

足根管

股関節の靭帯

半月板

膝靭帯(走行)

膝靭帯(各動きによる制動)

足部の機能解剖(距腿関節・ベーラー角など)

足部アーチ

 

■ 骨関節系-頭部・脊柱・体幹

頭蓋骨の部位名称

骨盤の部位名称

骨盤の性差

脊柱

頸椎

胸郭(胸骨・肋骨・胸椎)

頸椎・胸椎・腰椎まとめ

椎間板

脊柱の靭帯

解剖学-筋系

筋の種類(骨格筋・心筋・平滑筋)

骨格筋の構造

筋線維のタイプ(遅筋・速筋)

 

■筋系-上肢

回旋筋腱板(ローテーターカフ)

内側上顆につく筋

外側上顆につく筋

肘屈筋

肘伸筋(上腕三頭筋・肘筋・手背屈筋群)

手の主動作筋

手内在筋の起始停止

手内在筋の支配神経

 

■筋系-下肢

腸腰筋

殿筋群

股関節内転筋

ハムストリングス

膝伸展筋(大腿四頭筋・screw home mobement)

アキレス腱(ヒラメ筋・腓腹筋・足底筋)

鵞足

下腿の筋と作用

 

■筋系-体幹 

腹筋群

 

解剖学-支配神経

腕神経叢

正中神経

尺骨神経

橈骨神経

筋皮神経

腋窩神経

支配神経(正中・尺骨・筋皮・腋窩)

支配神経(上肢の筋:腕神経叢)

 

腰神経叢

仙骨神経叢

下肢筋の神経支配まとめ

 

運動学

基本肢位、基本面

運動を表す用語

筋の収縮様式

 

■歩行

歩行①:基礎用語

歩行②:関節運動

歩行③:筋活動

歩行④:床反力

歩行⑤:重心移動

 

■運動学習

運動学習①:運動課題・パフォーマンス・運動技能

運動学習②:練習の種類・結果の知識・学習の転移など

 

神経系

神経細胞(ニューロン)

中枢神経と末梢神経

シナプス伝達

脳の分類

大脳皮質

大脳辺縁系

大脳基底核

大脳髄質

間脳

中脳

延髄

小脳

脊髄

脳室と脳脊髄液

脳神経

伝導路

白質と灰白質 

伝導路①(錐体路)

伝導路②(脊髄視床路)

伝導路③(後索-内側毛帯路)

伝導路④(脊髄小脳路)

伝導の性質

 

 

感覚器系

感覚の分類

眼の筋

視覚器(眼球)の構造

視細胞、視覚伝導路

顔面筋

耳(内耳)

特殊感覚伝導路 

  

消化器系

消化管の流れ

口腔(口蓋・唾液腺・歯)

唾液

嚥下

咽頭

食道

胃の構造

胃の機能

小腸の構造

小腸の機能

大腸の構造(盲腸・結腸・直腸)

大腸の機能(排便)

消化酵素

肝臓の構造

肝臓の機能

膵臓

胆汁

 

呼吸器系

呼吸器概要

喉頭(舌骨・喉頭軟骨・声帯)

下気道(気管・気管支)

肺(肺胞・血管)

肺(胸膜・縦隔)

呼吸筋

横隔膜

胸郭の動き

肺気量分画(スパイログラム)

酸塩基平衡①

酸塩基平衡②

呼吸の調節

酸素解離曲線

 

循環器系-血液

血液の性質・構成

血漿(血漿蛋白質・膠質浸透圧)

赤血球

白血球

血小板と止血過程

 

循環器系-心臓

心臓の構造

刺激伝導系

血液循環(肺循環・体循環)

冠状動脈

 

循環器系-心電図

心電図①:正常心電図・心拍数の数え方

心電図②:心房性期外収縮・心室性期外収縮

心電図③:房室ブロック

心電図④:心房細動・心房粗動・心室頻拍・心室細動

心電図⑤:心筋梗塞

心電図⑥:まとめ

 

脈管系

大動脈の分岐

上肢の動脈

脳への動脈(ウイリス動脈輪)

下行大動脈

下肢の動脈

静脈の概要

上大静脈(脳・頭部・上肢の静脈)

下大静脈(門脈・奇静脈)

リンパ系

リンパの流れ

 

泌尿器系

腎臓の構造

腎臓の血管

腎臓の機能

腎臓のホルモン(レニン・エリスロポエチン・活性型ビタミンD)

尿管・膀胱・尿道の構造

排尿機構

 

内分泌系

ホルモン概要、内分泌腺の位置 

ホルモン(視床下部・松果体・下垂体) 

ホルモン(膵臓・血糖値調整)

ホルモン(甲状腺・副甲状腺)

ホルモン(腎臓・副腎皮質) 

ホルモン(副腎髄質)

性ホルモン

ホルモン要点まとめ

 

 

発生

胚葉

細胞内小器官

 

 

 

【循環器疾患】虚血性心疾患(狭心症)【内科学】

「虚血性心疾患(狭心症)」についてまとめます。

 

 

 

 

虚血性心疾患とは

 

冠動脈の循環障害によって起こる心筋虚血の状態

 

※虚血とは:臓器や組織に必要量の血液が流入しない状態

 

狭心症とは

一過性の心筋虚血で、胸痛・心電図所見があるもの 

 

 

・男性に多い

・可逆的

動脈硬化が原因となる

・糖尿病は危険因子である

・発作の誘因として、精神的緊張がある

・肥満

 

×左肩他動運動は狭心症を誘発する

 

分類

・労作性狭心症:労作により胸痛発症。(心筋酸素要求量増加のため)

・不安定狭心症:3週間以内に発症・増悪・安静時に発作が生じた

        心筋梗塞に移行しやすい。

・異型狭心症:安静時の狭心症発作にST上昇を示す。(冠状動脈攣縮が原因)

 

症状

胸痛:持続時間15分以内

右肩・上肢に放散、絞扼性疼痛

 

心電図所見

発作時ST下降(上昇もある)

 

治療

・安静

ニトログリセリンが有効

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【循環器疾患】右心不全【内科学】

「右心不全についてまとめます。

 

 

  

心不全とは

心室の収縮力の低下により、体循環が障害された状態 

※左心不全→肺うっ血(肺高血圧)→右心不全へと発症することもある

 

心不全の症状

・静脈系のうっ滞による症状

・呼吸困難やショック症状

肺動脈圧上昇、肺静脈圧上昇

頚静脈怒張

肝脾腫

浮腫

 

※中心静脈:上大静脈・下大静脈のこと

 

心不全の原因

 ・原発性肺高血圧症

 ・心タンポナーデ

・肺塞栓

・肺動脈弁疾患

・右室梗塞

 

 

心タンポナーデ:心膜腔に体液や血液が貯留することにより、心臓が拡張できない状態。

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【循環器疾患】左心不全【内科学】

f:id:kigyou-pt:20210514082902j:plain

「左心不全についてまとめます。

 

 

 

 

心不全とは

心拍出量の低下により、肺循環が障害された状態

 

 

心不全の症状

・肺うっ血→呼吸器症状

・低心拍出量に伴う症状

 

肺静脈のうっ血による症状

肺水腫 → 湿性ラ音の聴取

・ピンクの泡沫状の痰(血液を含む)

・呼吸困難→起坐呼吸

・咳嗽(がいそう)

・心胸郭比の増大

チアノーゼ

 

・左室拡張終期圧が上昇

 

※湿性ラ音(断続性ラ音)とは:気管支に液体が貯留しているときに聞かれる肺の異常音(肺炎・気管支炎などでも生じる)

 

低心拍出量による症状

・血圧低下

・頻脈

・尿量減少

・末梢血管の虚脱

 

心不全の原因

心筋梗塞

狭心症

大動脈弁閉鎖不全症

・僧帽弁狭窄症

・重症不整脈

肥大型心筋症

高血圧

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【循環器疾患】心不全(NYHA分類と急性心不全・慢性心不全)【内科学】

心不全についてまとめます。

 

 

心不全とは

心不全とは、心機能低下に起因する循環不全のこと

肺や全身に 必要な量の血液を送り出せなくなるため、他臓器に異常が起きたり、心臓が正常に働くなったりする。

 

《所見》 

・心胸郭比(CTR)=心臓最大横径/胸郭最大横径×100(%):50%以上

・左室駆出率(LVEF)=(左室拡張末期容積-左室収縮末期容積)÷左室拡張末期容積

・脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)上昇:血管を広げ、尿を出す作用

 

NYHA心機能分類

心不全の重症度判定 

・身体労作により生じる自覚症状に基づいて判定

 

f:id:kigyou-pt:20210429153757j:plain



 

※Killip分類・Forrester分類というのもある 

 

 

心不全の分類には下記のような分類がある

・進展速度(時間):急性心不全・慢性心不全

・うっ血部位:左心不全・右心不全・両心不全 

 

 

急性心不全

心臓のポンプ機能が破綻し、血液循環を保てなくなった状態にあり、その症状が急激に出現する病態。軽症のものから、死に至るものまで、症状の発現は多様。 

 

急性心不全の症状

・呼吸困難

・食欲不振

意識障害

・心停止

・ショック

 

 

急性心不全の原因

・慢性心不全の急性増悪

不整脈の急性発症

・大動脈弁狭窄症

・外傷

心タンポナーデ

・弁逆流症

・解離性大動脈瘤

・肺血栓塞栓症

・先天性心疾患

 

 

慢性心不全

慢性的な心筋障害による心臓のポンプ機能の低下によって、代償機転ではカバーできなくなった状態。 

 

慢性心不全の症状

・倦怠感

・呼吸困難感

・運動耐用能低下

・食欲不振

・浮腫

 

 

慢性心不全の原因

・虚血性心疾患

・高血圧

・心筋症

・弁膜症

・先天性心疾患

不整脈

・心膜疾患

・肺動脈性肺高血圧症

 

 

 

原因

《心臓の機能に原因》

・虚血性心疾患(心筋梗塞狭心症

・心臓弁膜症

・心筋症

・心筋炎

不整脈

・先天性心疾患

 

《心臓以外に原因》

・高血圧

・貧血

・腎臓病

・化学療法、放射線療法

甲状腺機能亢進症(バセドウ病

・過度のアルコール摂取

・ウイルス感染症

・薬物中毒

 

 

 治療

・βブロッカー:交感神経を穏やかにする

・ACE阻害薬:ミネラルや体液のバランスを整える

・利尿剤:尿量を上げ、むくみをとる

 

 

 

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

【基礎から学ぶ】骨粗鬆症【整形外科学】

f:id:kigyou-pt:20210514082953j:plain

骨粗鬆症についてまとめます。

 

 

骨粗鬆症とは

骨量が減少した状態(骨質は正常

 

一次性(原発性)と二次性に分けられる

 

一次性骨粗鬆症原発骨粗鬆症

特定される原因となる疾患などがないもの

 

原因 

・閉経後女性 

・加齢

・安静臥床

・生活習慣:喫煙・アルコール

 

 

二次性骨粗鬆症(続発性骨粗鬆症) 

 特定の疾患や薬などによる原因があるもの

 

原因

・糖尿病

・関節リウマチ

・慢性腎不全

・栄養不良:Ca・ビタミンD、K欠乏症・胃切除術など

・内分泌性:副甲状腺機能亢進症・クッシング症候群

・薬剤性:ステロイド薬・抗けいれん薬

 

 

f:id:kigyou-pt:20210514083012j:plain



 ×副腎不全

 ×肥満

 ×非ステロイド性抗炎症薬

 

検査所見

・海綿骨から減少

・骨型ALP(アルカリフォスファターゼ)上昇

・骨梁減少

・透過性亢進

・皮質骨の幅が減少

・骨変形(魚椎・楔状椎)

 

血清Ca、Pは正常

 

骨粗鬆症が原因となる高齢者の転倒による4大骨折 

・脊椎圧迫骨折

・上腕骨近位端骨折

・コーレス骨折

・大腿骨頚部骨折

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】熱傷【整形外科学】

「熱傷」についてまとめます。

 

 

 

火などの熱、放射線、化学物質、電気の接触などにより生じる損傷。

通称:火傷

 

 

熱傷の分類

 

f:id:kigyou-pt:20210428101332j:plain

 

 

 

f:id:kigyou-pt:20210428081220j:plain

 

熱傷面積の算定

熱傷指数(Burn Index):Ⅱ度熱傷面積(%)×1/2+Ⅲ度熱傷面積(%)

※10~15以上:重症

 

成人:9の法則

小児:5の法則

 

f:id:kigyou-pt:20210428101247j:plain

 

重症熱傷

・Ⅱ度:熱傷面積30%以上

・Ⅲ度:熱傷面積10%以上

・特殊部位重篤となりやすく、障害も残りやすい

(顔面・頚部・会陰・肛門部・四肢関節部)

・軟部組織損傷や骨折を伴う

 

 《合併症》

イレウス

・胃十二指腸潰瘍

・(気道熱傷時、気道の浮腫により)窒息 

・(血管の透過性が亢進するため)頻脈・血圧低下・脈圧減少

 

 

 

瘢痕形成の予防:圧迫と伸張

《例》

・熱傷部位:前頚部ー拘縮:頚部屈曲ー予防:頚部伸展位

・熱傷部位:前胸部ー拘縮:肩内転・内旋ー予防:肩外転・外旋

・熱傷部位:肘窩ー拘縮:肘屈曲、前腕回内ー予防:肘伸展・前腕回外 

・熱傷部位:下腿後面ー拘縮:足底屈ー予防:足背屈

 

 

・手の熱傷:手内在筋マイナスポジションとなりやすい

 

 

 

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be

【基礎から学ぶ】手指の疾患【整形外科学】

「手指の疾患」についてまとめます。

 

 

 

ドゥケルバン病

長母指外転筋短母指伸筋の腱鞘の狭窄性腱鞘炎

※伸筋腱腱鞘第1区画

 

理学所見:Finkelstein test陽性(アイヒホッフテスト)

 

 

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

手関節(尺骨頭と手根骨の間)に存在する三角線維軟骨複合体が尺骨の突き上げによって損傷され生じる

 

理学所見:fovea sign陽性

 ・ピアノキーサイン:下橈尺関節の不安定性により、尺骨頭が背側に突出し、押すと戻る現象

 ・尺骨頭ストレステスト:手関節を尺屈し、軸圧をかけつつ回内・外運動を行う

 

f:id:kigyou-pt:20210514085508j:plain

 

デュプイトラン拘縮

手掌腱膜の瘢痕化による手指の進行性屈曲拘縮

好発年齢:中年以降の男性

好発部位:中指・環指・小指に多い・両側性・DIPには拘縮無し

 

 

キーンベック病 

月状骨の骨壊死

好発年齢:青壮年期男子

 

へバーデン結節

DIPの変形性関節症

背側部に骨隆起を生じて軽度屈曲位

 

好発年齢: 中年以降の女性

 

 

 

※ブシャール結節:PIPの変形性関節症

 

 

 

ベネット骨折

第1中手骨基部骨折+(母指CM関節の脱臼骨折)

 

f:id:kigyou-pt:20210514085445j:plain

 

 

ボクサー骨折

小指や環指の中手骨頚部が掌側に変位する骨折。

 

ばね指(弾発指)

手掌のMP関節周囲の屈筋腱の腱鞘炎。

手指が屈曲したまま伸展しなくなるが、突然伸展する「弾発現象」がみられる

 

槌指(マレット指)

指伸筋腱の損傷でDIP関節が屈曲して木槌のように変形した状態。 

・腱性槌指:骨折を伴わない 

・骨性槌指:骨折を伴う

 

f:id:kigyou-pt:20210514085424j:plain

 

◆国試対策の参考書といえばコレ⇩

 

  

◆その他・参考書いろいろ⇩

西島紘平のROOM - PTOT国試対策 参考書

 

  

◆動画でも解説しています⇩

youtu.be